男女

建築現場に欠かせないもの|養成シートで安全を確保

自分に合った使い方を

工事現場

養生シートの紙自体は非常に薄いため、ハサミやカッターで簡単に切れるという特徴があります。そのため自由にサイズが決められるというメリットがあります。また、現在は様々なメーカーから養生シートが販売されています。それぞれに特徴があり、使い勝手の良さから人気の商品となっています。

詳細

使い方に汎用性がある

工事現場

建設工事における使用

多くの建設現場においては、養生シートが活用されています。最も養生シートが使用されるのが、解体工事における飛散防止の役割です。騒音に厳しい地域では防音パネルが使用されますが、木造の解体では養生シートが使用されています。新築工事や増築工事においても、養生シートが建設中の建物からの落下防止のために使用されています。従来は無色の養生シートが一般的でしたが、最近はカラフルな色を採用した製品が使用されるようになっています。建設会社によっては、コーポレートカラーを養生シートの色として採用してアピールしています。建設現場では、資機材を保管するためにも、覆いとして使用されることがあります。雨や風が直接当たることから防ぐ効果があります。

耐用性には注意が必要

養生シートは使用方法によっては、長期に渡って使用することが可能です。しかしながら、建設現場で飛散や落下を防止するためには、常に状態を確認する必要があります。特に破損個所がある場合には、建設現場の外周部分に使用することは、避ける必要があります。しかしながら、資機材としては十分に使用可能です。したがって、できるだけ定期的にメンテナンスしておくことが大切です。現場が忙しいときは、せめてシートに破損などが無いか確認してから使用するようにしましょう。また、購入の時点で頑丈なシートを選んでおくことも大切です。最近の販売会社は通販サイトを運営しているところが多いので、そこから、どのような養生シートがあるのか確認することができます。

機械の軸受け豆知識

メンズ

機器にベアリングを組み込んでおく事によって、タイヤやモーターなどのシャフトをなめらかに回転させる事ができるようになります。精密で信憑性のある製造が求められている製品です。精密機器であるため、耐久性を維持するためにも、定期メンテナンスを忘れないようにしましょう。

詳細

回転機械に欠かせぬ技術

作業員

回転する部分を持つ機械にとって、ベアリングと呼ばれる軸受は欠かすことのできない重要な部品です。日本はベアリング製造で世界一の技術水準を誇っており、その高い品質は国際的に評価されています。医療機械のようなミクロ単位から掘削機のような数メートルに達するものまで、ベアリングはさまざまな新技術を支えます。

詳細